連休明けのレッスン

ピアノのこと





 



こんにちは!Musik Glanz(ムジークグランツ)です

現役ピアノ講師でアラフォー子育てママやってます 

さて今回のタイトルは

連休明けのレッスン

  1. がんばって練習してきてくれました
  2. 新しいひらめきが生まれることも!!
  3. 大人の生徒さんたちは・・・

がんばって練習してきてくれました

ゴールデンウィーク明けのレッスン再開。

生徒さん達みなさんよくがんばって練習してきてくれています。

先日こんな記事↓を書きましたが、今年はステイホームもあって練習する時間が多く取れた様子。

言われた通りの宿題をしっかりこなしてきてくれる子。
宿題以外に余分に練習曲を弾いてきてくれる子。
ポップスやJ-POPの楽譜を自分で探して「先生聞いて~」と聞かせてくれる子。

それぞれ個性があってとっても面白いドキドキ

新しいひらめきが生まれることも!!

講師としては単純に練習してきてくれることはやはり嬉しいです照れ

こちらも嬉しくなるし、生徒さんもどこか誇らしげで(それがまた可愛い)お互い良い相乗効果でレッスンでも新しいインスピレーションが生まれたりするんですよね。

何十回と教えてきた練習曲でも新しいひらめきが生まれたりして、「ちょっとここの部分、こんな風に弾いてみようか?!」なんて会話になることも

それに加えて今年はピアノに向かう時間がステイホームの中のひとつの気分転換になっていたようで、それも嬉しい結果でした。

強制されて練習するのではなく、楽しみながら前向きに練習できるというのは全然違います。

モチベーションだけでなく、結果として表れる音楽にも影響を与えます。

子供達は制限された生活の中で、自分たちなりに楽しみを見つけてくるんだなぁと感じます

「先生、次はこんなん弾いてみたい!」

その一言で笑顔になってしまう単純な私です。

大人の生徒さんたちは・・・

一方、大人の生徒さんはというと・・・。

やはりこちらもステイホームの影響で子供とは逆で「家事に追われて練習が出来ませんでした・・・。」という方が多数。

全然、いいんです。
わかります、その気持ち。だって私もそうでしたからえーん

大人の方は申し訳なさそうに仰るのですが、そこは私も重々承知です。

熱心で真面目な方ほど気にされる方が多いのですが、そういう方はその後の指のケアさえしっかりフォローすれば、必ず元に戻ります。

焦って練習出来なかった分を取り戻そうとがむしゃらに弾くのは禁物!!
手を痛めてしまいます

長期間練習できなかった時のケアの方法はまた後日書いてみたいと思います。

とりあえずはレッスンも通常運転を無事再開です。

↑こちらでお悩み相談受付ています(^^)

コメント